評定・内申点の仕組みについて、塾と学校の先生がわかりやすく説明してみる

こんにちは、案内役の勉強犬です。今日は学校の先生に評定や内申のことを色々聞いてみたいと思います。

勉強犬

学校の先生

こんにちは、学校の先生です。今日は僕の知っていることがきちんと伝わるように丁寧にお話したいと思います。宜しくおねがいします。

 

さぁ、いきなり始まりました、学校の先生との会談。

塾ブログに学校の先生が登場するのは不思議ではありますが、仲良く参りたいと思います。

本日のテーマは「評定・内申点」について。

この話題については、生徒自身はもちろん、保護者の皆様も気になるところですよね。深く突っ込んでみましょう。

なお、「学校の先生」のお話は、複数名にお話を伺って、その内容をまとめているものになりますので、ご了承下さい。

評定・内申点についての本当のところ

評定って何?内申点って何?

早速訊いてみていいですか??まずは言葉の違いについて教えて下さい。評定と内申点って何が違うんですか?

勉強犬

学校の先生

ああ、それは簡単な違いです。

 

「評定」と「内申点」の違い

  • 評定 各科目に5段階でつける「5・4・3・2・1」の評価の数値のこと
  • 内申点 評定を使って計算される数字のこと

 

ちなみに、神奈川県の公立高校受検に使う「内申点」は、2年時のもの(45点満点)と、3年時の後期中間もしくは2学期末までのものを2倍したもの(90点満点)の合計(135点満点)になります。

 

入試についての詳しくはぜひ下記の記事でご確認下さい。

参考 【受験情報】神奈川県公立高校の入試の仕組みをわかりやすく解説〜選考方法編〜HOME個別指導塾

 

評定はテストの得点で決まるわけではない

次の質問です。いきなりぶっこむんですが、テストで良い点とったからって5がつくってわけではないんですか??90点取っても4のケースはありますか??

勉強犬

学校の先生

そこについてはデリケートな質問なので、丁寧に回答していきたいと思います。まず、結論から申し上げましょう。テストで良い点数を取れば、たしかに5がつく可能性は高まりますが、必ずとは言い切れません。たとえテストが90点でも満点でも、4がつく可能性はあります。

 

それを説明するには、評定を決める仕組みをきちんと理解しなければなりませんね。

評定は、観点別評価で決まる

学校の先生

5段階の評定は、観点別評価で決まります。

 

観点とは、各科目のどこを見て評価をしていくかというもの。通知表では各科目の横に書いてあります。見たことありますよね。

 

 

2021年度現在は各科目に3つの観点があります。

 

3つの観点とは、「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」のことです。

この観点を以下のボックスのように5段階で評価し、それを基に計算をして、評定が決まるのです。

観点の5段階評価
地域や学校によっても異なりますが、A゜・A・B・C゜・Cの形が最も多いといわれています。

 

観点の計算方法については、以下の表がわかりやすいです。

 

なるほど。一つの観点だけA゜でも、他の観点がBとかCだったら、評定で5をとるのは厳しくなるってことだね。最近は観点がテストにも書いてあるので、返ってきたテストの各観点別の得点にも注目してみよう。

勉強犬

 

じゃあ観点別評価はどうやって決まる?

学校の先生

それでは次に、どの観点がどう決められるのかを見ていきましょう。基本は文科省や県から出ている学習評価の手引きからの引用になります。

 

評価方法の例としては、観察・生徒との対話・ノート・ワークシート・学習カード・作品・レポート・質問紙・スピーチテスト・面接・ペーパーテストなどがあります。

そう、中間や期末に代表されるペーパーテストは、あくまで評価方法の一つ。学習評価の手引きにも、こう明記されています。

 

ペーパーテストは、評価方法の一つとして有効であるが、ペーパーテストにおいて得られる結果が、目標に準拠した評価における学習状況のすべてを表すものではない。

 

テストを有効な評価方法とはしつつも、それだけで観点別評価は決まらないとしていますね。

そのことを踏まえて、観点を一つずつ見ていきましょう。

 

まずは「知識・技能」です。

ペーパーテストの比重が大きそうな「知識・技能」ですが、日々の授業中での取り組みもみられることがわかります。

 

続いて、「思考・判断・表現」です。

これまたペーパーテストのイメージの強い「思考・判断・表現」ですが、多様な活動からも評価されるんですね。

 

最後が、「主体的に学習に取り組む態度」になります。

出来不出来というよりは、現状からどう成長しようとしているかを見る観点ということですね。

個人的な各々の評価のイメージとしては、「知識・技能」=テスト+α、「思考・判断・表現」=テスト+α、「主体的に学習に取り組む態度」=学習への態度といった感じでしょうか。

「どうしたら良い成績がとれるの?」ということに関しては、後半でじっくり説明しています。

 

学校の先生

さらに細かい評価方法については、「指導と評価の計画」等作成し、各教師がいつでも説明できる状態にしているはずです。気になれば、いつでもお気軽にお尋ねください。決して偏った評価が出ないよう、我々も細心の注意を払っています。

 

おっしゃる通り、先生や学校によっても異なりますが、多くの場合、説明用の書類や各項目を数値化して評定を判断するカッティングシートのようなものが準備されています。

「なんで自分はこの評定なんだろう」という場合は、まず学校の先生に相談してみましょうね。

改めて、ここまでの注意点を述べておきます。

テストが満点だからといって5がつくわけではない
評定は観点別評価によって決まるので、テストが100点でも5がつくとは限らない。観点別の評価には評価基準が定められているので、気になった場合は先生に確認してみましょう。

 

ちなみに、県が出している学習評価の手引きはこちらです。

参考 学習評価資料集神奈川県教育委員会

 

学年末の評定は、通年で評価される!?

続けて質問良いですか??例えば学年末の評定って、学年末時点での評価で決まるわけではないんですか?

勉強犬

学校の先生

ああ、それは違います。学年末に出てくる評定は、その学年通年の評価になります。なので、評定が2段階上がることは実はすごく稀なことになりますね。

 

わかりやすく言えば、前期の成績が2だった子が、後期で全観点満点だったとしても、評定に5がつくことはないということです。

実は、学年の最後に渡される通知票というのは、後期や三学期のものではなく、それを踏まえた学年末のものなんですね。

 

学年末の評定は
その学年通しての評価で決まる。

 

これはけっこう勘違いしている人が多いから注意しなくちゃね。

勉強犬

 

評価のつけ方は本当に絶対評価?

最後の質問です。今の成績のつけ方は絶対評価って聞いたんですけど、それって本当ですか?

勉強犬

学校の先生

おお、なかなかグレーなところをついてきますね。たしかに成績のつけ方は絶対評価です。昔のように5の人数や4の人数が定められているわけではありません。

 

昔の成績のつけ方は「相対評価」と呼ばれ、5が何人、4が何人というのが決められていました。必ず評定に1がつく生徒がいたのです。

それに対して、現代は「絶対評価」が主流。1はよほどのことがない限りつかない評定とされています。

ですから、内申の平均というのは上昇傾向です。「相対評価」では3が評定平均になりますが、現在の神奈川県では3.5辺りが平均値になるでしょう。

学校の先生

ただ、そうは言っても、学校ごとの環境の違いというものもあります。みんなが頑張ったから「じゃあ全員の評定が5」というわけでもありません。

 

そうなんですよね。僕は個人的にはそのことを「相対的絶対評価」と呼んでいるのですが、絶対評価と言えども、評価の対象となる母集団によって、評価のつけ方は変わってきます。

具体的に言えば、学校ごとや先生ごとやそこにいる生徒たち毎によって、5のレベルや4のレベルが変わっていくのです。

それが受検では均等に扱われるため、不平等感が出てしまうんですよね。

受検に二次選考があるのは、それについての救済措置の意味合いもあるのかもしれません。

 

二次選考
公立高校入試において、内申関係なく、学力検査(テスト)と面接、あれば特色検査の得点のみで合否が判定される仕組みのこと。約1割がこの選考で決まる。

 

なるほど、なるほど。だいぶわかってきたぞ。え、でも評定や内申について話しているうちに気になっちゃったんだけど、じゃあ評価を上げるには結局どうしたらいいの?

勉強犬

 

じゃあ評価を上げるためにはどうすればいい?

学校の先生

端的にいえば、各観点でA゜を目指せばいいわけです。その中身については…

 

そこからは学校の先生だと言いづらい部分があると思うので、僕の方から説明しましょう。

観点別評価や評定を上げるのに重要なポイントは以下の4つです。

成績を上げるための4ポイント

  • テストの点数
  • 提出物
  • 授業態度
  • 先生とのコミュニケーション

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

テストの点数

成績を上げるには、中間テストや期末テスト、各小テストで良い点を取ることです。

「テストの点数だけでは評定に5はつかない」とは言いましたが、それでもテストの得点が重要な要素であることは間違いありません。

学校のテストで得点できるように、日々日々実力を磨いていきましょう。

 

提出物

成績を上げたいなら、提出物はきちんと出しましょう

中身ももちろん大切ですが、それ以上に提出することが大事です。

実力アップの観点からは提出だけのためのワーク演習(答えを写すなど)は避けたいところですが、なりふり構っていられない場合は、とにかく先生の指示に従って提出しましょう。

 

授業態度

先生とのコミュニケーション

もちろん授業態度先生とのコミュニケーションも成績アップには重要です。

それは何も先生に気に入られるためというわけではありません。

もちろん生徒と先生だって人と人ですし、コミュニケーションスキルというのは社会で求められている力ではあるので、そういった側面からも大切ではあります。

しかし、何よりも「自分のため」に重要なのです。

 

学校の先生

授業態度が悪いと、結局授業を聞いておらず、重要なことを聞き逃したりするんですよね。

 

そうなんです。気に入られる気に入られないというのは置いといて、自分のために授業態度をよくしたいですね。

それに教壇側から見ていると、不真面目な態度というのは目立つものです。自分が先生だったらどんな態度が「頑張っているな」と感じてもらえるかを想像して授業に取り組めるといいですね。

 

先生とのコミュニケーションも自分のため?

勉強犬

 

先生を嫌いになってしまうと、やっぱり悪い態度や科目の苦手にも繋がります。人間って感情の生き物ですからね。

嫌いな相手を「あんまり嫌いじゃない」にする方法は、相手をよく知ること

「ちょっとあの先生苦手かも…」なんて時は、あえてコミュニケーションをとって、少しだけ相手を知ってみましょう。良い一面が見えてくるかもしれません。

でも、「もう限界!」みたいな時は無理せず、周りの大人にちゃんと相談しましょうね。

 

まとめ

だいぶ長くなってしまいました。

先生、今日はありがとうございました。

学校の先生

いえいえ、説明するって自分たちの理解にも繋がりますからね。こちらこそ、貴重な機会をありがとうございました。

これらの情報が、どこかで誰かの参考になったら幸いです。

 

本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。内申が全てではないけれど、あるに越したことはない。

勉強犬

コメントを残す