広告から読み解く、目標とそれを達成することの大切さについて

こんにちは。案内役の勉強犬です。今日は新しいチラシにまつわる「目標」のお話。

勉強犬

 

先日、このHPでもご案内した通り、チラシがいくつか完成しました。

 

塾のチラシをウンウン唸って考えた結果

 

本日はその中の一つをご紹介がてら、目標の大切さについて綴っていきたいと思います。

まずはこちらをご覧ください。

 

目標を持つあなたへ

 

オール5をとりたい。

難関の志望校に合格したい。

将来の選択肢を増やしたい。

あいつに、勝ちたい。

 

目標を持つのはいいことだ。

それは、君の進むべき方向を定めてくれる。

「歩いていたらたまたま江ノ島に着いた」

なんてことがあんまりないように、

「たまたま」じゃ辿り着けない場所に向かう時に、

目標は、目印になって道筋を示してくれる。

 

目標を持つのはいいことだ。

それは力強い一歩の原動力になる。

遥か彼方に思えるそんな場所にも、

一歩ずつ進めば、いつか必ず辿り着けるからね。

 

目標を持つのはいいことだ。

行きたい場所があれば、今居る場所から逆算して、

ペースや歩き方や今何をすればいいかがわかる。

今何をすべきかわからないと、

手や足は止まっちゃうもんね。

 

目標を持つのは、いいことだ。

たとえ叶わなかったとしても、

本気で頑張ったその経験は、

この先の人生で必ず役に立つ、宝物になるよ。

 

目標を持つのはいいことだ。

でも、それで苦しくなったら、不安になったら、

一人で頑張らなくてもいいからね。

使えるものは全て使って、目標達成を目指そう。

君の味方はいっぱいいるよ。ここにも。

 

子どもたちの「心の力」が高まり、

「学力」が伸び、

これからの世の中を、

「生きていく力」が育つ場所。

 

そんな場所で私たちは、

あなたに会える日を、楽しみに待っています。

 

 

目標の大切さについて

本文でもお伝えしている通り、目標とは目的地に立てた目印、いわば旗のようなものです。

そこを目指すことで、僕らは道に迷わずに済みます。

また、生きていればいろんな考え事が浮かぶものですが、目標があれば、何に時間を使い、逆に何に時間を使ってはいけないのかがはっきりします。行動の取捨選択をするときにも便利です。

目的地まで最短距離で行けるようになるわけですね。

 

目標があると、それを達成したかどうかもわかりやすいです。

達成した場合には、成功体験として、自信や自己効力感のUPにつながりますし、

達成できなかった場合にも、課題や経験を得ることができます。

つまり、目標を立てて損することはないのです。

 

さらに、ただ単に【目標を立てるということだけ】で、伸ばせる力があります。

それが「メタ認知力」というものです。これは簡単にいえば、自分を客観視する能力のこと。

良い目標を立てるには、自分のことを客観的に見ないといけませんからね。

 

わかりやすいようにテストの得点で例を挙げるとすれば、

毎回90点の子が50点を目標にしたり、毎回30点の子が100点を目標にするというのは、あまり効果的とはいえません。

良い目標とは、「達成するには今より少し頑張らなくちゃいけないけど、達成したいもの」のことです。個人差ありますが、大体このぐらいのラインが一番人を成長させます。

そんな目標を自身で立てるために、現状の分析や少し先のことに思いを巡らせていくわけですが、その「考えること」により、メタ認知力が鍛えられていきます

 

あるだけで自身の成長の役に立つだけでなく、それを考える時から成長になるなんて、なんて素晴らしいツールなんでしょう、目標って。

何か叶えたいことがあるのなら、ぜひ目標の力をうまく使ってみてくださいね。

 

さぁ、今日も旗を立てに行こう。

 

本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。そして、旗を掴みに行こう。

勉強犬

コメントを残す