【随時更新】保存版!工夫ひとつで学力や成績アップが上がるかも!?古今東西のオススメ勉強法まとめ

こんにちは。勉強犬です。 本日は、「勉強法」についてのお話。うん、塾ブログっぽいですね。

勉強犬

巷に数多と存在する「勉強法」。

これは決して「何が良い」「何が悪い」というものがあるわけではありません。

大事なのは、あなた自身に合うかどうかです。

それを確かめるためには、試してみなくちゃね。

 

参考になりそうな勉強法をまとめて書き記しておきます。

もちろん一度では書ききれませんし、新しく見つけたらどんどん加えていこうと思います。

「勉強法気になる!」という方は、お気に入りなどに保存いただいて、たまに更新を確認しに来ていただけると幸いです。

さぁ、一緒に勉強しましょう。

 

あなたに合うかもしれない勉強法

ファミリーマート戦法

 

ファミリーマート戦法は、暗記に効果的な勉強法です。

 

「♪あなたとコンビに」と言われたら、あなたは何と返すでしょうか。

そう、「ファミリーマート」ですよね。

覚えろと言われたものでもないのに覚えている。これはなぜでしょう。

 

基本的に脳は忘れることがお仕事です。いつまでも全てのことを覚えていたら、頭がパンクしてしまいます。精神的にもよくありません。

ですから、脳はどんどん記憶を捨てていきます。

でも、捨てられない記憶もあります。それは僕らが「これは大切だから捨てないで」とメッセージを送ったもの。

例えば、ものすごく感情が込められていたり、よく使ったり、何度も耳にしたり、イメージできたり、他のものとセットで覚えていたりするものがそれにあたります。

 

冒頭のファミリーマートの文言は、繰り返しとリズムによる覚えやすさとイメージしやすさで、脳が「お、これは大事なんだな」と認識をして、そこに残っているのです。

 

これを暗記にも応用しましょう。

まず覚えるものを音にしましょう。読めないものは覚えられません。読めるようにしてから暗記スタートです。

暗記は単純に繰り返しです。短い時間で何度も何度も触れましょう。その際、覚えるもののイメージをすることを忘れずに。

思い浮かべながら、アウトプット。思い浮かべながら、アウトプットです。言ったり書いたりが効果的。本番に近い形でアウトプットすることを心掛けましょう。

もちろん「あなたとコンビにファミリーマート」のようにリズムがつけられたらいいですが、そこにこだわる必要はありません。

これを繰り返していけば、脳が「あ、この情報は大事」と自然に保管をしてくれるようになります。

 

鷹の目学習法

 

鷹の目学習法は、鷹のように上空から俯瞰でものを見ることで、把握や理解をしやすくするという勉強法です。

 

例えば、社会の歴史。覚えることがたくさんありますね。細かい情報をただ一つずつ覚えていくというのは至難の技です。

それならば使いましょう、鷹の目学習法。

まずは俯瞰で歴史を見るための目次作りです。そうですね、歴史なら時代ごとが良いでしょう。

まずは時代ごとを見出しにするような感じで、流れを把握しましょう。こんな感じの年表がオススメです。

この年表でいえば、上下の黄色くなっているところと青いところから先に覚えていくといいということですね。

まずそうやって大枠で大体のストーリーを把握してから、細かい部分に目を移していきます。年号や登場人物などですね。

すると、個々の情報が繋がって、記憶しやすくなるのです。

 

情報が多い時はまず概要から掴むのがコツ。ぜひ活用してみてください。

 

漢字の難しいところに丸をつけて覚える

 

続いては、難しい漢字を覚える際の必殺技。

 

例えば、「篠崎」を覚えてみましょう。下手したら一生で一回書くか書かないかの漢字ですね。この名を持つ僕にとっては悲しいですが、それが現実。

そんな覚えにくい字に出会った時は、この必殺技を使いましょう。

 

それでは必殺技で、天敵「篠」を攻略します。

 

この必殺技の使い方は簡単です。「うーんこの漢字、ちょっとここが複雑そうだなぁ」というところに丸をつけるだけ。

こんな漢字。いやいや、感じ。

 

ふざけているのではありません。こうすることで、「うわ、難しい」となかなかイメージがつかめない漢字に対して、集中ができるのです。

また、その部分が全体を思い出すきっかけにもなります。

実はこの丸つけ暗記法、調べてみたら「つがわ式」という名前もついているようです。立派な勉強法。

 

さぁ、丸をつけて「篠崎」を覚えたら、「薔薇」や「鬱」等にも挑戦してみましょう。

丸つけで覚えられるならこんなに楽なことはありませんよね。

 

ディズニー映画英語勉強法

 

ディズニー映画って、英語の発音がすごく良いのご存知ですか?

また、もちろんですが汚い言葉も使わないので、子どもが見るのにも最適です。

 

大好きなディズニーのお話。もう何度も何度も繰り返し観たあの物語。

それを英語で見せることで、発音や英語の使い方など驚くべきスピードで吸収することができます。

 

言語は耳で覚えることが大事。

僕たち日本語だってそうやって覚えてきましたよね。文法から覚えたなんて人は多分いないはずです。

「ママ」や「パパ」や「ワンワン」なんてところから覚えてきたはず。英語も同様に真似して語彙を増やすことから始めてみましょう。

 

好きなものから学ぶことで、記憶にも残りやすく、勉強への快の気持ちも強まっていきます。一石二鳥の学び方ですね。

 

さぁ、いくつか紹介してきましたが、試したいものは見つかりましたでしょうか。

工夫次第で驚くほど成果が変わることもあります。気になる勉強法があったら、実践してみましょう。

 

最後に一つだけ注意点を。

あなたに合う勉強法は
あなたにしかわからない。

だから、一番大事なことは、あなたが「やる」ってこと。

どんなに良い勉強法も、あなたの「やる」がなければ意味がなくなっちゃうからね。

さぁ、とりあえずやってみよう!

 

こんな情報たちが少しでも参考になったら幸いです。

勉強犬

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です