受験情報!神奈川県公立高校湘南藤沢エリアの倍率や内申や得点のデータをまとめてみた

こんにちは。勉強犬です。本日は、湘南エリアの公立高校の詳しいデータを紹介するよ。参考になれば幸いです。

勉強犬

 

それでは早速参りましょう。

 

神奈川県公立高校湘南エリアの詳しいデータ

こちらで画像のダウンロードが可能です。

参考 公立高校データDropboxリンク

選考基準

神奈川県の公立高校は、内申と学力検査と面接と特色検査(あれば)の得点で競われるのですが、各高校でその得点の扱い方が異なります。

その扱い方が、表の「基準」部分です。そこに書かれている4や3などが計算する時の比率になります。

単純に数字が大きいほど大事にするということですね。

 

また、ご覧いただくと分かる通り、この比率は、偏差値上位校ほど「学力検査」重視偏差値下位校ほど「内申」重視になる傾向があります。

求めている人物像が少し違うということです。

 

詳しい比率の計算方法などは、こちらのリンクを参照するといいでしょう。

参考 公立高校入試の仕組みを簡単に説明!私の好きな塾という場所

 

2019

2019年の枠には、「募集定員」と合格率60%の「偏差値」と「内申」、10月に発表された「暫定倍率」が載せてあります。

そこから先はこれからの発表になりますので空欄です。

倍率の違いについては、こちらの記事がわかりやすいかと思います。

参考 倍率の謎を調査!私の好きな塾という馬祖

 

2018

2018年の枠には、2019年と同じものに加えて「志願者倍率」や「最終倍率」、「合格者平均点」や「合格者最低点」、「合格者内申平均点」などを掲載しています。

また、「面接の重要度」も載せてありますので、参考になれば幸いです。ただ、もちろん今年も同様とは限りませんのでご注意を。

 

まとめ

 

さて、ここまで簡単にデータの説明をしてきました。

説明してきてなんですが、あくまで情報は情報。倍率や合格者最低点をいくら気にしても、実力は1mmも上がりません。

これらの情報を参考に戦略を立てるのはいいですが、そればかりにこだわっても本末転倒です。

 

迷ったときほど手を動かしましょう。

 

答えの出ないときほど、答えのある問いを解くのです。応援しています。

 

データはデータ
真に大切なのは、あなたの頑張りだということを忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です