僕が藤沢の街を好きな理由

 

僕は相模原市の出身だが、藤沢に家を買った。

本日はその理由をつらつらと述べていきたい。どんどんいこう。

 

僕が藤沢の街を好きな理由

 

人が温かい

 

僕が藤沢を好きな理由の一つが、「人が温かいこと」。

誤解を招くといけないので補足していくが、決して相模原が冷たいというわけではない。

どちらかというと保守的な相模原に比べて、

土地柄、新しい人が多い藤沢のゆるい雰囲気が好きなのだ。

 

基本は我関せずという感じだが、困ったときは助け合う。

挨拶なんかも気軽にする。ノリがいい。

 

これが藤沢の一番の魅力だと思う。

 

海が近い

 

僕は海が好きだ。ちょっと前は茅ヶ崎の南湖の海沿いに住んでいたこともある。

家族のことも考えて、津波の心配がない海から少し離れた場所に家を買ったけれど、車を出せば海まではすぐ。走ってもいける。

 

光る水面。聴こえる波の音。優しい砂浜。そこにいる人。すべて好きだ。

 

嫌なことがあっても、海に行けばちゃんとどうでもよくなる。

 

意外と利便性が良い

 

藤沢駅の利便性も魅力の一つ。

天下の東海道線と新宿駅まで一時間で行ける小田急線、そして風情がある江ノ電と三線完備。

都内はもちろん、隣の鎌倉市や茅ヶ崎市、大和市へも移動が楽チン。

 

車では、圏央道が開通してから、相模原の実家まで30分で帰れるようになった。便利。

 

自然もいいけど、便利なことだって大事だ。バランスがいいのも藤沢の魅力。

 

本屋が多い

 

駅前に本屋も多い。詳しくは下記の記事を参照してほしい。

 

参考 藤沢は本の町!?藤沢駅近くのお気に入りの本屋さんまとめ私の好きな塾という場所

 

読書好きな僕にとって、これはとっても有難い。

 

人気校が多い

 

最後に教育ブログっぽく。

 

藤沢市(湘南エリア)には、人気校が多い。

こと公立高校に関して言えば、他エリアからの流動が最も多い地域でもある。

 

これは子どものことを考えたら、大切な情報だ。

 

まとめ

 

ざざざといくつか挙げてきたが、また思いついたら随時付け加えていきたいと思う。

 

つまり
藤沢はとってもいい街。

 

それが言いたいのだ。

コメントを残す